2021年2月4日木曜日

本家のQ65クイックスタートガイドが更新されました

Q65クイックスタートガイドの日本語訳を更新しました。

WSJT-X 2.4.0-rc1のリリース情報

 WSJT-X 2.4.0-rc1が公開されました。リリースノートの日本語訳は以下の通りです。


WSJT-X 2.4.0-rc1

2021年2月3日

新しいモードQ65を搭載した2.4.0-rc1を公開しました。従来とは異なり、2.3.0の正式版の公開のすぐあとのタイミングになりましたが、2.3.0におけるFST4とFST4Wの実装と2.4.0におけるQ65の実装が同時並行して行われたためです。


WSJT-X 2.4.0-rc1は新しいモードQ65を搭載しました。Q65はQRA64の実績の上に開発されたモードで、VHF帯からマイクロ波帯に至るまでのEME通信のため、柔軟なシンボルアルファベットと低コードレートを有しています。またVHF帯における電離層散乱通信にも有効です。Q65は、FT8、MSK144、FT4、FST4などと同じように77ビットのメッセージペイロードを持ちます。さらにQ65は、電波伝搬状況に応じて、送受信時間が15秒から5分までいくつかの値をとることができ、また、トーン間隔も基本間隔からその16倍までパラメータ設定することができます。通常のウォータフォールには現れないような微弱な電波も検出できるように、ワイドグラフプロッターは超高感度同期スペクトラム表示を持ちます。新しい同期プロット、優れたAPデコード、複数回の受信におけるメッセージデータの累加と平均化処理により、あらゆる条件下で従来のモードを超える非常に微弱な電波での交信が可能となります。

2021年2月2日火曜日

WSJT-X 2.3.0正式版日本語版ユーザーガイド

 WSJT-X 2.3.0正式版の日本語版ユーザーガイドを公開しました。

WSJT-X 2.3.0正式版公開

WSJT-X 2.3.0正式版がリリースされました。リリースノートは以下の通りです。

WSJT-X 2.3.0
2021年2月2日

---------------------

WSJT-X 2.3.0正式版は、新しいモードFST4を加えるとともに、たくさんの不具合修正が入りました。以下に要点をまとめます。 

○ FST4/W:FST4_NOSHAPING=1と環境変数が設定された場合、送信開始と送信終了時の波形整形を行いません。fst4simも同様です。 

○ 不具合診断を補助するため、エラーメッセージボックスにタイムスタンプを追加。 

○ macOS big Surで、起動時にクラッシュする問題を修正。 

○ JT9スローモードのデコーダーが不正に停止してしまう問題を修正。 

○ CTY.DATファイルを更新。 

 

なお、WSJT-X 2.4.0ですが、ベータ版がまもなく公開されるとのことです。EMEやスキャッタ交信で威力を発揮する新しいモードQ65が搭載されます。

EchoLinkアプリ iOS版、Android版

 iPhoneとAndroidのEchoLinkアプリもアップデートされ、Call CQ機能がサポートされていました。Relayを使っていると、外からつなげに行けないのですが、Call CQではつながるようです。